Archive for the ‘推薦図書’ Category

21世紀労働論-規制緩和へのジェンダー的対抗

『21世紀労働論-規制緩和へのジェンダー的対抗』 ●伊田広行 著(青木書店、1997年) 内容(「BOOK」データベースより) 労働問題をフェミニズムの視点で分析する希望がもてる、まったく新しい労働論。 内容(「MARC […]

京ガス男女賃金差別裁判なめたらアカンで! 女の労働

『京ガス男女賃金差別裁判なめたらアカンで! 女の労働』 ●屋嘉比ふみ子 著:明石書店(2007年) 著者略歴(「BOOK著者情報紹介」より) 屋嘉比 ふみ子 1981年(株)京ガスに入社。1998年4月、京都地裁に同一価 […]

生きさせろ!難民化する若者たち

『生きさせろ!難民化する若者たち』 ●雨宮処凛 著:太田出版(2007年) 内容(「BOOK」データベースより) 自己責任の名のもとに私たちを使い捨てる社会に、企業に、反撃を開始する!この国の生きづらさの根源を「働くこと […]

若者が働くとき―「使い捨てられ」も「燃えつき」もせず

『若者が働くとき―「使い捨てられ」も「燃えつき」もせず』 ●熊沢誠 著:ミネルヴァ書房(2006年) 内容(「BOOK」データベースより) 近年ニート、フリーターに象徴される若者労働に関する類書は多いが、社会学や心理学に […]

労働法を考える―この国で人間を取り戻すために

『労働法を考える―この国で人間を取り戻すために』 脇田滋 著(新日本出版社、2007年) 出版社/著者からの内容紹介 雇用と労働の「無法化」を根源からただす! 蔓延する不払い残業・違法残業、雇い止めなどの形の解雇の横行& […]

フリーター労組の生存ハンドブック

『フリーター労組の生存ハンドブック――つながる、変える、世界をつくる』 ●清水直子・園良太 著 (大月書店 2009年) 出版社/著者からの内容紹介 「自由と生存のメーデー」「麻生邸拝見ツアー」など、斬新な発想とスタイル […]

おしえて、ぼくらが持ってる働く権利

『おしえて、ぼくらが持ってる働く権利――ちゃんと働きたい若者たちのツヨーイ味方』 ●清水直子 著 (合同出版 2008年) 内容(「BOOK」データベースより) 「時給950円、社保完備」、働いてみたらちがうじゃん!これ […]

<働く>ときの完全装備──15歳から学ぶ労働者の権利

『<働く>ときの完全装備──15歳から学ぶ労働者の権利』 橋口昌治・肥下彰男・伊田広行著(解放出版社 2010年9月) 定価:1600円+税   ISBN978-4-7592-6733-4 C0037 内容紹介 店長に「 […]