若者が働くとき―「使い捨てられ」も「燃えつき」もせず

4月 7th, 2011 by | Print

『若者が働くとき―「使い捨てられ」も「燃えつき」もせず』

●熊沢誠 著:ミネルヴァ書房(2006年)

内容(「BOOK」データベースより)

近年ニート、フリーターに象徴される若者労働に関する類書は多いが、社会学や心理学に論点をずらすものが多い。本書は、ニート、フリーター、正社員を相互に無関係ではない地続きの存在として、若者労働をとりまく厳しい状況(=労働問題)に注視し、どの雇用形態でも働く若者が労働条件を改善できるような発言の仕組みを獲得すること、すなわち経営者や労働組合が何を変えうるか、既存の労使関係の再構築を提言する。労働問題屈指の論客が、漂流する現代若者労働を多面的に考察し提言する「気づきへの促し」の書。

Comments are closed.